| トップページ | お知らせ | 放射性物質の測定結果 | 事業 | 施設 | 組織 | 財政 |

| 入札 | 計画 | 水質 | 災害対策 | 資料 | 例規 | 公表 | 用語 | リンク | 更新履歴 |

平成29年度決算

■平成29年度の主要事業

1 安全かつ安定した用水供給体制を堅持するための
  導・送水管路更新工事の計画的な執行
61百万円

 送水管更新基本計画策定等業務委託(H28〜31年度)

 導水管更新事業に伴う実施設計等業務委託(H29〜30年度)

2 沼南調整池の年度内通水に向けた築造工事等の
  確実な執行による沼南調整池設置事業の完遂
1,737百万円

 沼南調整池築造工事(H26〜29年度)等

沼南調整池の位置 沼南調整池地上部
3 既存施設の現況に即した保全工事及び更新工事の
  計画的な執行
1,787百万円

(1) 保全工事    541百万円
導水管竪坑防水、排水処理施設脱水機ろ布交換等の保全工事

(2) 更新工事  1,246百万円
1系沈澱池傾斜管、監視用テレビ設備等の更新工事

排水処理施設脱水機ろ布交換 1系沈澱池傾斜管

■業務の概要

 平成29年度の業務の状況について、年間送水量は、企業団からの受水量を増加させた構成団体等により前年度を上回り、ほぼ予定どおりの執行となりました。

 平成29年度の年間有収水量は154,656,520㎥で、対前年度比4,773,365㎥、3.18%の増となりました。また、一日平均給水量は423,716㎥で対前年度比3.18%の増となり、一日最大給水量は7月12日に463,831㎥を記録しました。

 なお、有収率は98.5%(前年度98.8%)となり、負荷率は91.4%(前年度92.8%)となりました。

区分 単位 平成29年度
(A)
平成28年度
(B)
増減
(C=A-B)
増減率
(C/B)
年間送水量 (a) (千㎥) 157,066 151,741 5,325 3.5%
年間有収水量(b) (千㎥) 154,657 149,883 4,774 3.2%
一日平均給水量(c) (㎥) 423,716 410,639 13,077 3.2%
一日最大給水量(d) (㎥) 463,831 442,355 21,476 4.9%
有収率 (b/a) (%) 98.5 98.8 △0.3 △0.3%
負荷率 (c/d) (%) 91.4 92.8 △1.4 △1.5%
供給単価 (円/㎥) 73.46 75.50 △2.04 △2.7%
給水原価 (円/㎥) 57.45 60.31 △2.86 △4.7%

■経理の状況

(消費税込み額)

収益的収支

  事業収益決算額 12,969,830千円
営業収益 12,325,561千円
営業外収益 632,715千円
特別利益 11,554千円

  事業費用決算額 10,027,620千円
営業費用 8,992,672千円
営業外費用 1,034,948千円

資本的収支

  資本的収入決算額 374,493千円
企業債 89,600千円
出資金 115,200千円
  工事負担金 18,852千円
他会計繰入金 22,950千円
補助金 115,253千円
  固定資産売却代金 12,638千円

  資本的支出決算額 7,401,789千円
水源施設費 412,856千円
改良事業費 3,066,726千円
建設改良費 1,613,069千円
企業債償還金 2,304,050千円
  国庫補助金返還金 5,088千円

3 収支差引(資本的収支不足額)

 資本的収支における不足額については、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額、減債積立金及び過年度分損益勘定留保資金で補てんしました。



■平成29度決算の内訳

(消費税込数値 単位:億円)

収益的収支


資本的収支




戻る▲

copyright © 北千葉広域水道企業団 All Rights Reserved.