| トップページ | お知らせ | 放射性物質の測定結果 | 事業 | 施設 | 組織 | 財政 |

| 入札 | 計画 | 水質 | 災害対策 | 資料 | 例規 | 公表 | 用語 | リンク | 更新履歴 |

例規

   北千葉広域水道企業団行政不服審査法手数料条例

 

平成二十八年二月四日条例第二号

 (趣旨)

第一条 この条例は、行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号。以下「法」という。)に基づき、北千葉広域水道企業団(議会及び監査委員を含む。以下同じ。)に対する審査請求に係る提出された書類等(以下「提出書類等」という。)の交付につき徴収する手数料(法第三十八条第六項において読み替えて適用する同条第四項(他の法律において準用する場合を含む。)及び法第八十一条第三項において読み替えて準用する法第七十八条第四項に規定する手数料をいう。以下同じ。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(名称及び金額)

第二条 手数料の名称及び金額は、別表に定めるところによる。

(納付の時期及び方法)

第三条 手数料の納付は、提出書類等の交付を受けるまでに行わなければならない。

2 手数料の納付は、現金により行わなければならない。

(減免)

第四条 手数料を減額し、又は免除することができる場合は、手数料を納付しなければならない者が次の各号のいずれかに該当する者である場合とする。

 一 生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)に基づく被保護者

二 り災証明書等により災害を受けたことを公的に証明された者で、手数料を全額納付することが困難なもの

三 その他特に必要があると認められる者

2 前項の場合において手数料の減額又は免除を受けようとする者は、提出書類等の交付を求める際に、併せて当該減額又は免除を求める旨及びその理由を記載した書面を、当該理由を証明する書面を添付して提出しなければならない。

(返還)

第五条 既に納付した手数料は、返還しない。

(委任)

第六条 この条例の施行に関し必要な事項は、企業長が別に定める。

附 則

 この条例は、平成二十八年四月一日から施行する。

別表(第二条)

名称 区分 金額
提出書類等
交付手数料
用紙に複写又は印刷
をしたもの
ア 単色(黒)刷り 一枚につき
十円
イ ア以外 一枚につき
二十円

備考

一 日本工業規格A列三番を超える大きさの場合は、当該A列三番の大きさの用紙を用いた場合の枚数に換算して額を算定する。

二 用紙の両面に複写又は印刷するときは、片面を一枚として額を算定する。

戻る▲

copyright © 北千葉広域水道企業団 All Rights Reserved.