| トップページ | お知らせ | 放射性物質の測定結果 | 事業 | 施設 | 組織 | 財政 |

| 入札 | 計画 | 水質 | 災害対策 | 資料 | 例規 | 公表 | 用語 | リンク | 更新履歴 |

例規

   北千葉広域水道企業団職員安全衛生管理規程
平成四年三月一日管理規程第二号
改正  平成 七年 三月三一日管理規程第 四号 平成一五年 四月 一日管理規程第一二号
平成一八年 三月三一日管理規程第一一号
目次
第一章 総則(第一条−第四条)
第二章 法に基づく安全衛生管理組織(第五条−第十一条)
第三章 その他の安全衛生管理組織(第十二条−第十五条)
第四章 安全衛生管理(第十六条−第十八条)
第五章 補則(第十九条)
附則
第一章 総則
(趣旨)
第一条 この管理規程は、北千葉広域水道企業団(以下「企業団」という。)に勤務する職員(以下「職員」という。)の安全及び衛生の管理に関し、労働安全衛生法(昭和四十七年法律第五十七号。以下「法」という。)及びこれに基づく命令に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第二条 この管理規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 事業所 北千葉広域水道企業団水道用水供給事業等の設置に関する条例(昭和四十八年北千葉広域水道企業団条例第一号。以下「条例」という。)第四条に規定する総務部及び技術部をいう。
二 所属長 北千葉広域水道企業団職員服務規程(昭和四十八年北千葉広域水道企業団管理規程第六号)第二条第四号に規定する所属長をいう。
三 安全管理者 法第十一条第一項に規定する安全管理者をいう。
四 衛生管理者 法第十二条第一項に規定する衛生管理者をいう。
五 安全衛生推進者 法第十二条の二に規定する安全衛生推進者をいう。
六 産業医 法第十三条に規定する産業医をいう。
七 作業主任者 法第十四条に規定する作業主任者をいう。
八 衛生委員会 法第十八条に規定する衛生委員会をいう。
九 総務部長 条例第四条に規定する総務部の長をいう。
十 総務調整室の長 組織規程第二条に規定する総務調整室を同規程第六条第一項の規定により総括するものをいう。
最終改正〔平成一八年管理規程六号〕
(所属長の責務)
第三条 所属長は、職務を行うに当たっては、法及びこれに基づく命令並びにこの管理規程の趣旨に従い、所属職員の安全及び健康の確保に努めなければならない。
(職員の責務)
第四条 職員は、所属長その他の安全衛生の業務に携わる者がこの管理規程に基づき講ずる安全及び健康の確保のための措置に従わなければならない。
第二章 法に基づく安全衛生管理組織
(安全管理者及び衛生管理者等)
第五条 安全管理者、衛生管理者及び安全衛生推進者は、事業所ごとに職員のうちから企業長が選任する。
2 安全管理者は、次の各号に掲げる事項を管理する。
一 建設物、設備、作業場所又は、作業方法に危険がある場合における応急措置又は適当な防止の措置
二 安全措置、保護具その他危険防止のための設備器具の定期的点検整備
三 作業の安全についての教育及び訓練
四 発生した災害原因の調査及び対策の検討
五 消防及び避難の訓練
六 作業主任者その他安全に関する補助者の監督
七 安全に関する資料の作成、収集及び重要事項の記録
八 その他安全に係る技術的事項
3 衛生管理者は、次の各号に掲げる事項を管理する。
一 健康に異常のある者の発見及び処置
二 作業環境の衛生上の調査
三 作業条件、施設等の衛生上の点検
四 労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備
五 衛生教育、健康相談その他職員の健康保持に必要な事項
六 職員の負傷及び疾病それによる死亡、療養休暇等に関する調査
七 衛生日誌の記載等職務上の記録の整備等
八 作業場の巡視(週一回以上)のうえ、必要に応じ健康障害防止のための措置
九 その他衛生に係る技術的事項
4 安全衛生推進者は、職員の安全及び衛生に関する業務を担当する。
(産業医)
第六条 産業医は、医師のうちから企業長が委嘱する。
(作業主任者)
第七条 作業主任者は、労働安全衛生法施行令(昭和四十八年政令第三百十八号)第六条各号に掲げる作業を行う部署の所属長の推薦に基づいて企業長が選任する。
2 作業主任者は、当該作業を行う部署の所属長の指揮の下に当該作業を監督する。
(衛生委員会の設置)
第八条 法第十八条の規定により、職員の健康の確保に関する重要事項を調査審議するため、事業所に衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。
2 委員会の委員は、七名以内とし、次の各号に掲げる者をもって構成する。
一 当該事業所においてその事業の実施を総括管理する者又はこれに準ずる者のうちから企業長が指名する者
二 当該事業所における衛生管理者のうちから企業長が指名する者
三 産業医
四 当該事業所の労働者で、衛生に関し経験を有するもののうちから企業長が指名する者
3 前項第四号の委員の任期は二年とする。ただし、委員に欠員が生じた場合の補欠の委員の任期は前任者の残任期間とする。
(委員長)
第九条 委員会に委員長を置く。
2 委員長は前条第二項第一号の委員をもって充てる。
3 委員長は会務を総理する。
4 委員長が欠け又は委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指定した委員がその職務を行う。
(会議)
第十条 委員会の会議は委員長が招集し、委員長が会議の議長となる。
2 委員会の会議は、議長が必要と認めるとき又は三分の一以上の委員から請求があったとき随時開催するものとする。
3 会議は、委員の三分の二以上の出席がなければ開くことができない。
4 委員長が必要に応じて指名する者は、会議に出席してこれらの者の所掌する業務の状況を報告し、又は意見を述べることができる。
5 前各号に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員会に諮って委員長が定める。
(庶務)
第十一条 委員会の庶務は、総務部にあっては総務調整室、技術部にあっては業務調整室において処理する。
最終改正〔平成一八年管理規程六号〕
第三章 その他の安全衛生管理組織
(法に基づく安全衛生管理体制以外の安全管理体制)
第十二条 職員の安全衛生管理体制の一層の充実を図るため、法に定めるもののほか、企業団に職員総括安全衛生管理者(以下「総括安全衛生管理者」という。)及び健康管理者を置く。
(総括安全衛生管理者)
第十三条 総括安全衛生管理者は、総務部長の職にある者をもって充てる。
2 総括安全衛生管理者は、職員の安全及び衛生に関する業務を総括する。
(健康管理者)
第十四条 健康管理者は、総務調整室の長にある者をもって充てる。
2 健康管理者は、職員の保健衛生に関する業務を総括する。
最終改正〔平成一八年管理規程六号〕
(北千葉広域水道企業団職員安全衛生委員会)
第十五条 職員の安全及び衛生に関する基本的事項を調査し、審議するため、職員安全衛生委員会(以下「安全衛生委員会」という。)を置く。
2 安全衛生委員会は、委員九名以内をもって組織し、次の各号に掲げる者をもって構成する。
一 総括安全衛生管理者
二 健康管理者
三 産業医
四 安全管理者、衛生管理者及び安全衛生推進者
五 北千葉広域水道労働組合の推薦に基づき企業長が指名する者
3 第八条第三項及び第九条から第十一条までの規定は、安全衛生委員会について準用する。この場合において、第八条第三項中「前項第四号」とあるのは「前項第四号及び第五号」と、第九条中「前条第二項第一号の委員」とあるのは「総括安全衛生管理者」と第十一条中「総務部にあっては総務調整室、技術部にあっては業務調整室」とあるのは「総務調整室」と読み替えるものとする。
最終改正〔平成一八年管理規程六号〕
第四章 安全衛生管理
(危害の防止措置)
第十六条 所属長は、施設、設備、作業方法、機械、有害物質及び引火性物質等による職員の危険又は健康障害の発生を防止するための必要な措置を講ずるものとする。
(執務環境の維持管理)
第十七条 所属長は、快適な職場環境を確保するため、適切な換気、採光、照明、保温、清潔等の維持に努めなければならない。
(安全衛生教育)
第十八条 所属長は、職員に対し、その従事する業務に関する安全及び衛生の教育を行うとともに安全衛生思想の啓発普及を図るものとする。
第五章 補則
(その他)
第十九条 この管理規程に定めるもののほか、職員の安全及び衛生の管理に関し必要な事項は、企業長が別に定める。
附 則
 この管理規程は、公布の日から施行する。
附 則(平成七年三月三一日管理規程第四号)
 この管理規程は、平成七年四月一日から施行する。
附 則(平成一五年四月一日管理規程第一二号)
 この管理規程は、公布の日から施行する。
附 則(平成一八年三月三一日管理規程第一一号)
 この管理規程は、平成十八年四月一日から施行する。
戻る▲

copyright © 北千葉広域水道企業団 All Rights Reserved.