| トップページ | お知らせ | 放射性物質の測定結果 | 事業 | 施設 | 組織 | 財政 |

| 入札 | 計画 | 水質 | 災害対策 | 資料 | 例規 | 公表 | 用語 | リンク | 更新履歴 |

北千葉取水場

高度浄水処理について
 北千葉浄水場では、平成26年12月16日から、高度浄水処理を開始しました。
 今までよりも、いっそう安心・安全でおいしい水道水をお届けできるようになりました。

◇高度浄水処理とは◇
 北千葉浄水場の高度浄水処理は、オゾン処理生物活性炭処理を組み合わせた水処理技術です。従来の処理方法(凝集沈澱・砂ろ過方式)よりも、かび臭やカルキ臭の原因となる有機物を取り除くことができます。
 また、消毒用の塩素と反応してできるトリハロメタンなどの原因となる有機物も減らすことができます。

※フローをクリックすると拡大します

高度浄水処理のしくみ
○オゾン処理
 オゾン接触池で、オゾンの強力な酸化力によって、原水の中に含まれるかび臭やトリハロメタンの原因となる有機物などを分解します。


○生物活性炭処理
 生物活性炭吸着池に敷きつめられている活性炭の吸着力と活性炭に生息している微生物の分解作用によって、オゾン処理された有機物などを取り除きます。


◇高度浄水処理の効果◇
  1. かび臭の原因となる物質を確実に除去することができます。また、カルキ臭などを抑えることができます。
  2. トリハロメタンなどの原因物質を、従来の処理方式よりもさらに低減することができます。
  3. 河川で発生する突発的な水質悪化に対しても、水質の変化に幅広く対応できます。


◇北千葉浄水場 浄水フロー◇
浄水フロー
◇ 主な高度浄水施設の写真 ◇
中間ポンプ施設(中間ポンプ棟) オゾン処理施設(オゾン棟) 生物活性炭処理施設(生物活性炭吸着池) 中間ポンプ 連絡管 生物活性炭吸着池管廊 オゾン発生器 高圧受電盤 生物活性炭吸着池屋上


◇高度浄水施設建設事業について◇
 高度浄水施設建設事業は、平成21年度より事業に着手し、平成28年3月に場内整備を含む全ての高度浄水施設建設事業が完了しました。


 過去の工事進捗状況等を掲載している高度浄水施設建設事業については、こちら。



戻る▲

copyright © 北千葉広域水道企業団 All Rights Reserved.